YouTube

音声や動画を作成する上で気をつけたほうがいい7つのポイント

   

   
これから無料レポートを作るなんてときには
音声や動画を導入するととても効率がよく
素敵なレポートが出来上がります。
   
音声や動画を作るときの
気をつけたほうが良いポイントを
解説します。
   

・用件を最初に伝える

   
音声も動画も同じですが、これから
どんな話が始まるのか、視聴者は
ワクワクして待ちます。
   
ですから、用件・ポイント・価値について
最初に伝えてしまうのが、良いでしょう。
   
ダラダラとしていると視聴者が離れて
しまいますからね。
   

・早口で喋ったほうがいい

   
意外に思うかもしれませんが、早口のほうが
全然聞こえは良いです。
   
もちろん、プロのナレーターなら別ですが、
目指すべきは、ディスクジョッキーでしょう。
   
ラジオを聴いているかのようにリズムよく
ポンポンと話すのがコツです。
   

・YouTubeは短い方がいい

   
再生回数が多いYouTube動画は、
全て10分前後です。
一つのことに集中できる時間は、決まって
いますから、長いと飽きられてしまいます。
   
テレビでも10分おきぐらいにCMが流れますね。
   

・集音マイクを使う

   
もう、説明する必要は無いと思います。
集音マイクで拾った声質は、とても良い感じです。
   
できれば、USBのものを選ぶと良いと思います。
   

・ノイズは、出来るだけ消す

   
雑音が入っているとどんなに素敵なことを
説明していても、イライラするものです。
   
ノイズは、出来るだけ、消去しましょう。
動画キャプチャソフトにノイズ除去の機能が
付いていますから、必ず使いましょう。
   

・編集する

   
これも出当たり前ですね。
あああーとかうううーとか、声が入ってしまうのは
聞きにくいし、邪魔ですよね。
   
動画キャプチャソフトを使えば簡単に
削除できます。
   

・フリートークで喋る

   
台本を作って読むとどうしても感情が
入りにくいものです。
やはり、音声や動画には、感情を込めないと
価値がありません。
   
感情を込めるためにもフリートークが
一番です。
   
慣れれば大丈夫です。
     

ぜひ参考にして下さい。
       

天野明
   
音声録音ソフト
   
カムタジアスタジオ
   
マイク

【MAIL DREAM】プレゼント

ピックアップ記事

  1. コンサル生の小谷さんが月収25万円達成!

関連記事

  1. YouTube

    保護中: YouTubeのチャンネルナビゲーションで、最初に見ていただきたい動画の作り方と意図につい…

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@

友だち追加

YouTubeチャンネル

ブログランキング

運営ラジオ【Radio 50’s Jam】

アーカイブ

  1. YouTube

    YouTube動画の右下に透かしアイコンを設置する方法
  2. コンセプトメイキング

    アフィリエイトでは、稼げるジャンルに参入しよう
  3. ツール・ソフト

    FFFTPソフトのダウンロードと使い方
  4. Monster Mind

    何故あなたのステージは上がらないのか?そもそも稼ぐつもりがないですよね?
  5. マーケティング

    後発組でも稼げるマーケティングとは?
PAGE TOP