クロージング

フロントエンド、バックエンドと言う意識を持ってビジネスに取り組もう

   

   
あなたも聞いたことがあると思います。
フロントエンド、バックエンドと言う言葉。
   
よく使われる手法ですので、一度きっちりと
押さえておきましょう。
   
フロント=前
バック=後ろ
   
ですね。
   

一般的には

   
例えば、マクドナルド。
   
100円マックってあるじゃないですか?
あれは、100円の安いフロントエンドの商品を
販売して、季節モノ、限定モノの高額な商品を
売るために存在しています。
   
僕は、以前、息子が食べ盛りの頃、
マクドナルドで、100円マックをたくさん買ったのですが、
ついつい、ベーコンレタスバーガーとか、ビッグマックとか
そういうお高い商品も購入してしまった記憶があります。
     

ネットビジネスで例えると

   
情報商材を購入したことがあれば、経験したこともあると思います。
決済完了後、その瞬間に「ちょっと待って下さい」みたいなページが出ませんか?
   
今回特別に販売者さんから特別なオファーがあります
   
これがバックエンドです。
→アップセルと言う考え方もある。
   
アップセル・ダウンセル・クロスセル
   

メルマガではどうするのか?

   
フロントエンドで、企画を作ります。
塾やコンサルですね。
その参加費をありえない金額まで下げます。
   
参加者は、50人から100人を目指します。
すると参加者さんの中から、必ず、大きく結果を出す人が
出現するのです。
     

そして、最初の安い企画から、今度は、バックエンドとして
10倍ほどの価格にして、企画を売り出します。
これをメルマガでやっていくのです。
   
これは、僕が目の当たりにした一つの成功事例です。
   

フロントエンドは安い

   
バックエンドの商品が用意されている場合、
フロントの商品は安いです。
フロントが1.000円で、バックが10.000円とかですね。
   
時には、フロントエンドが3万円で、バックエンドが30万円と言う
場合もあるのです。
   
また、0万円で開催されたセミナーDVDを無料で渡して、
高額商品を販売することも多いですね。
   
無料オファー→高額塾
   

バックエンドが売れる仕組み

   
財布の紐を緩めたばかりの読者さんは、
通常よりも財布の紐がゆるくなっている。
→高額な商品を売り込んでいく
   
1.000円で圧倒的なボリュームの教材を購入したら、
バックエンドの商品も凄いと思って、買ってしまう。
「1.000円でこれだけだから、10.000円は相当ヤバイ」
   
常にフロントエンド、バックエンドと言う意識を持って
取り組むと利益の最大化につながります。
   
利益の最大化がうまくいくと
一生困らない、「稼ぐ力」が身につきます。
     

ぜひ参考にして下さい。
       

天野明

【MAIL DREAM】プレゼント

ピックアップ記事

  1. コンサル生の小谷さんが月収25万円達成!

関連記事

  1. クロージング

    保護中: オファーに必要な7つのポイントとは

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  2. クロージング

    アップセル・ダウンセル・クロスセル

        アップセル、ダウンセル…

  3. クロージング

    保護中: プロモーションアフィリエイトで収益を高くしよう。

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@

友だち追加

YouTubeチャンネル

ブログランキング

運営ラジオ【Radio 50’s Jam】

アーカイブ

  1. マインドセット

    ビジネスは限界を超えたところではじめて結果が見えてくる
  2. メルマガ

    初心者がアフィリエイトを始めるならメルマガが最も効果的と言われる3つの要素
  3. ビジネスに対する考え方

    ネットビジネスで稼ぐための思考とは?
  4. マインドセット

    知覚動考とは、いったいどんな意味?
  5. マインドセット

    今を変えろ!メンタルブロックをぶっ壊せ!
PAGE TOP