ブログ戦略

メルマガ登録入力フォームは、ブログのどこに置けばいいのか

   

   
あなたのブログには、メルマガの登録フォームを
どこに置いていますか?
   
メルマガ登録専用のランディングページを
作っていらっしゃる方もたくさんおられますね。
   
僕の考えは、
   
読者さんにわざわざメルマガランディングページへ
お越しいただかなくてもいい
   
という考え方です。
だから、メルマガランディングページは、置いていません。
   
読者さん目線で考えると
   
あ、このブログ面白い、メルマガ登録してみようかな
   
って思ったときに、わざわざランディングページまで
お越しいただくのは、どうなのかな、って思うんです。
   
さらに、僕がブログ訪問者だったら、面倒だな、って。
   
なので、メルマガランディングページは作っていませんし、
置いていません。
   

どこがいいのか?

   
それは、ヘッダー画像の真下です。
ここが一番目立ちます。
   
そして、よく考えて欲しいのですが、
ブログ訪問者さんは、あなたのブログに最初に
訪れるところはどこですか?
   
検索エンジンからの訪問者が多い場合、
トップページよりも、ブログの記事にきてくださるのです。
   
ですから、トップページのヘッダー画像の真下のほかに
すべての記事下部にメルマガ登録フォームを置くのが
ベストだと思います。
   
でも、何故、トップページでのメルマガ登録が多いのか?
それは、訪問者さんが記事を読んでくれた後に、トップページを
見てくれるんですね。
   
だから、多いんです。
   

サイドバーには置かない

   
サイドバーにメルマガ登録フォームを置く場合も多いですよね。
しかし、僕は、置いていません。
   
それは、ブログの見た目をシンプルにしたいからです。
シンプルにしたいので、できるだけサイドバーをごちゃごちゃ
させたくないのです。
   
これって、まったく僕の個人的な意見ですが、
でも、最初にブログに訪れたときに、いたるところに
メルマガ登録フォームを置いていると、ちょっといやらしいって
僕は、思うんです。
   
サイドバーにメルマガ登録フォームを置くのも
効果があると思います。
見た目、ブログの空気感を大事にしたいので、
そうしています。
   
人には、それぞれ戦略がありますよね。
   
まとめると、僕のメルマガ登録フォームは、
   
・トップページのヘッダー画像の真下
・各記事の最下部
   
この2ヵ所。
そして、メルマガランディングページは置かない。
   
それらは、訪問者さんのユーザビリティを考えてのことです。
     

ぜひ参考にして下さい。
       

天野明

【MAIL DREAM】プレゼント

ピックアップ記事

  1. コンサル生の小谷さんが月収25万円達成!

関連記事

  1. ブログ戦略

    WordPressのカテゴリーとスラッグ!ブログ立ち上げ初期の段階で設定した方がいい理由とは?

    WordPressでブログ記事を積み重ねていく。これって今の時代誰もが…

  2. ブログ戦略

    保護中: プロフィール記事でアドレスを取得するその戦略とは?

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. ブログ戦略

    WordPressテーマTCD『MAG』のレビューと感想

    WordPressのテーマTCDのことは、知っていました。 デザイ…

  4. ブログ戦略

    WordPressの文字列やhtmlタグを一括置換するプラグイン、Search Regexとは?

    先日、ブログのテーマを変えてました。具体的には、賢威というテーマからT…

  5. ブログ戦略

    WordPressのバックアップを初心者にも分かりやすく解説

    WordPressは、今ではビジネス活用はもちろん様々なシーンで使われ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@

友だち追加

YouTubeチャンネル

ブログランキング

運営ラジオ【Radio 50’s Jam】

アーカイブ

  1. コピーライティング

    開封率を上げて、読者さんに読まれるためのメルマガライティング3つのポイント
  2. キャッシュポイント

    自己アフィリエイトで稼いで、ビジネスの初期投資金額を稼ごう
  3. コピーライティング

    OATHの法則を使って、ターゲットを絞り、属性に合ったメルマガを書こう
  4. コピーライティング

    メルマガで読者さんと共有する仮想敵を作れ!
  5. Monster Mind

    人のお役に立てるコンテンツを作るからこそ、ネットビジネスは稼げる
PAGE TOP