ビジネスに対する考え方

自分「軸」の考え方とビジネスに対する関連性は?

   

   
ビジネスを行う上で必要なもの
   
それは、「軸」です。
   
軸がないと情報発信する上で
言葉がぶれぶれになってしまったりして
しまうので、読者さんは混乱します。
     

自分の強み、弱みを自覚しよう

   
あなたの得意な分野は、何か?人と違う点は何か?
   
これらを紙に書いてみる。
すると、自分の強みがよく分かります。
強みが分かると「軸」が作りやすい。
   
また、その逆で、自分の弱い部分、苦手なことも
紙に書いてみる。
   
実は、弱いところも大きなポイントになるのです。
   
弱いことの例
・うつ病
・リストラ
・失業
・引きこもり
など、人に比べて、少しでも劣っているというか、
一般的に、マイナスなイメージの弱い部分を持っていると
その弱みを強みに変えることが出来ます。
   
うつ病でも出来たネットビジネス
   
とかですね。
   
自分の分析をすると「軸」が明確になる。
   

強みを生かして軸を作ろう

   
得意分野、専門的なこと、あなたが洗い出したものを
前面に押し出していく。
   
すると読者さんに与える印象も大きく変わります。
大きく変わるとあなたに対する信頼度も
大きくなってくるのです。
   
別に、無理して背伸びする必要はありません。
作った軸を自分でイメージして、軸に沿って
活動すればいいのです。
   

当たり前ですが、メルマガでもブログでも軸を同じにする

   
軸が決まったら、その軸に沿って情報発信を
していきましょう。
   
仮に、あなたが、ネットビジネス初心者でも
得意分野、専門的な知識を持っていれば
その分野の専門家のつもりで、情報を発信
していくのです。
   
読者さんは、ネットビジネスの全くの初心者さんからの
情報は、必要としていないんです。
   
軸を専門的な知識を持ったものにすると
やはり、情報発信にも信憑性が生まれて
くるのです。
   

ビジネスネームの考え方

   
ネットビジネスだから。
と言う理由で、キャラクターネームを使っている人が
数多くいますが、今から、ビジネスネームを作るのなら、
やはり
   
本名
   
で、ビジネスに取り組むことをおススメします。
   
リアルビジネスで、本名以外で活動している人って
芸能人以外は、いないんです。
   
ネットビジネスだから、と言っても、ビジネスは
ビジネスなんです。
他者から見て、ふざけていると思われてしまう
そんなビジネスネームをつけるのは、辞めましょう。
   
本名で、事情があり、活動できない人は、
本名の名前を一文字変える。
そして、読みは、同じにする。
   
例えば、
山田太郎さんだったら、山田太朗さんのように。
     

ビジネスを展開していくと、お客様から直接
あなたの銀行口座に振込みをしていただくことが
あります。
     

銀行口座は、カタカナ表記ですね。
読みが同じだと、銀行口座の名前とビジネスネームが
一致するのです。
   
これだけでお客様は、安心します。
   
ビジネスネーム、とても大切です。
       

天野明

【MAIL DREAM】プレゼント

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@

友だち追加

プロフィール


天野明
メルマガを使って情報発信ビジネスを展開しています。
2016年10月に脱サラに成功!
毎月安定して、メルマガで月収50万円以上を稼ぎ、今では、ホテル、病院、不動産業のクライアントさんを持つリアルコンサルタントとしても活躍中!
不思議なことに、営業をかけずに、リアルコンサルの案件が毎月のように舞い込む。

2016年3月たった1通のメルマガで日収18万円達成。
2016年9月たったの10日間でメルマガの自動化の仕組みで53万円達成。

2016年9月第18回e-book大賞優秀賞受賞


2016年12月月収310万円達成!

YouTubeチャンネル

ブログランキング

運営ラジオ【Radio 50’s Jam】

アーカイブ

  1. Monster Mind

    自己責任について、深く考えてみよう!
  2. マーケティング

    リストのマーケティングファネルを意識して、あなたのファンを作ろう
  3. コピーライティング

    GDTの法則で9つの欲求を満たして、突き刺さるタイトルを考えよう。
  4. YouTube

    YouTubeに動画をアップロードしてみよう!
  5. コピーライティング

    反論をつぶして、突き刺さるコピーを書こう!マイナス思考はとても大事
PAGE TOP